任意後見契約

2009-08-22 22:35:11


今日は、朝から夕方まで、京都で成年後見業務についての研修です。

研修後、京都の街を久しぶりに歩いてみました。
烏丸通りの一つ東側の通りを、御池通りから京都駅まで。。。
町家の通りのいたるところで地蔵盆の準備がなされていて、
晩夏の京の雰囲気を味わうことができました。

さてさて、「任意後見契約」って聞いたことありますでしょうか?

遺言と任意後見契約とは、実は、ぜひセットで捉えて頂きたいものなのです。

遺言は、亡くなった時にその人の最終的な意思の実現ができるよう、生前に遺しておくものです。
しかし、亡くなる前でも意思の表明ができなくなることがあります。
例えば、高齢になり、病気が進んだり認知症が原因で、日常の契約や年金及び財産管理、入退院や介護等の契約等ができなくなったりすることもありえます。

任意後見契約とは、将来、認知症等で意思表示ができなくなった場合に本人に代わって日常生活に関わる契約や財産の管理等をしてもらえるようにあらかじめ第三者に依頼しておく契約です。

遺言と任意後見契約とを組み合わせることは、将来への備えとしてかなり有益です。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | *edit


<<M's Cafe | main | 人の為 >>
CALENDAR
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
SEARCH
ARCHIVES
TAGS
OTHERS